俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

南會十周年記念誌紹介~その3~

さらに進んでいくと…。

「次世代に残す意義ある発刊」というタイトルで盛岡八幡宮南會大神輿制作協賛会長と言う肩書で小田潔さんが寄稿されております。

20170319(12)_R.jpg

この方こそが「會神輿制作」の功労者であったとカヌっちょは伺っております。

協賛名簿を見ましたが、すごい数の協賛企業の数です…。

地元の有名企業がずらりと並ぶ…。

今の時代ではなかなか難しいのですが、当時もきっと難しかったでしょう。

會神輿制作には相当のご苦労があったのだろうと思われます。


さて小田潔さんが寄稿された内容を抜粋しながらご紹介いたします。

「創世記の若い人達の苦労は大変なものだったと推察いたします。肝心の神輿はおろか半纏もなく、あちこちから借用してスタートいたしました。それに各自の仕事もあり、これを立派に果たしながら、寸暇を惜しんで南會の活動を繰り広げました。」

20170319(11)_R.jpg

「八幡宮に所属すると言う事は並大抵のことではなく、藤原正良宮司のご指導の下に会則に則り、、御新徳に基づく行動は市民の方々から称えられるものでありましょう。だからこそ會神輿の新調にしても多くの方々のご協賛が得られたものと存じます。」

20170319(9)_R.jpg

「神輿を担ぐことによって神を信仰し、健全な心身を養う事は各地の若者たちの間にも浸透し、県下の神輿団体は三十団体を超えるまでになりました。」

20170319(7)_R.jpg


このような事が書かれております。

写真は盛岡八幡宮が改修工事する前の状態ですね。

今の我々には想像もできない苦労が創世記の方々はされていたわけですね。

もちろん創世記を支えた方々の中には川村名誉会頭の名前もある訳です…。

それではつづきはまた明日…。
  1. 2017/03/21(火) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南會十周年記念誌紹介~その2~

どんどん見開いていくと會の活動の記録写真が多数掲載されております。

4321さんが十代の頃の写真が…。

20170319(3)_R.jpg

4321さん!
若い!
そしてイケメン!

名誉会頭の若かりし頃の写真もありますね!

20170319(6)_R.jpg

なにより地域の皆様に愛されていると言うのがよくわかります。

多分ですが…KENTANさん…???

20170319(8)_R.jpg

今から約30年前ですものね。

皆さんがぴちぴちしていて当然です。

って事でつづく…。
  1. 2017/03/20(月) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南會十周年記念誌紹介~その1~

皆さんはこちらの記念誌を見た時がありますか?

20170319.jpg

見た事がない人は松の間などに行った時に先輩に聞いて見せて頂いてください。

って事で本日からはこちらの記念誌を紹介していきましょう。

ネタが無いと言っても探せばまだまだある!

問題はこのブログを更新する作業時間だ!

そんな感じでございます。

10周年記念誌のタイトルは「神輿ものがたり」です。

歴史を感じますね。

表紙ページを開くと新品ピカピカの「會神輿」が出てきます。

20170319(2)_R.jpg

下の方に説明書きがあるのでこちらにて紹介しましょう。

昭和62年9月制作、屋根延神社型神輿、総漆塗り、台座二尺五寸、高さ六尺

つづく…。
  1. 2017/03/19(日) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

溜めたネタ放出 その6

やばいぃ!

ネタが…切れちゃう…!

でもまぁ、写真が少ないからと言って面白くないブログを更新するのも癪に障るので淡々と進めましょうか。


どこまで載せていいのかなぁ…。

まぁうちとは関係ないし、私も存じ上げぬ有志の会がやったことだし…。

4321さんやユキハルスライムやジローラモさんが送ってきた写真だし…。

まぁいいっか!

って事で過激な写真をバンバン載せたいと思いますよ!

20170314 - クマ若頭歳祝い (10)

まぁ大勢の方がニヤニヤしながら「我こそはドS」と言った顔をしていらっしゃいますね!

実に怖いですね!


何があったのでしょうか…?

20170314 - クマ若頭歳祝い (19)


クマさんも悶絶しておりますね…。

20170314 - クマ若頭歳祝い (12)

「辛い!ではなく、痛い!」と言う感じがよくわかります…。

見ていて恐いっす…。



本当のプレーも行われたようですね…。

クマさんが実はMだったんぢゃないか…。

そんな疑惑が生まれそうな1枚の写真でございます…。

20170314 - クマ若頭歳祝い (11)

このように痛めつけられる儀式?を見て奥様の胸中は一体どうだったのでしょうか…。

それが気になります…。



私は毎年行われるこちらの奇祭を見ていつもいつも思いますね。

「これって何の意味があるの?」と…。


以上、本日の更新はこれまで!
  1. 2017/03/18(土) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

溜めたネタ放出 その5

先日はスクールウォーズで締めといたしましたが、実はカヌっちょ…スクールウォーズが本当に好きなんです。

特にもこちらのセリフ…

お前らゼロか!

「俺は他人を顧みない優等生よりも、お前らの方が好きだ!しかし、今日のお前ら最低だ!それはラグビーを舐めているからだ!生きるってことをバカにしている!今、自分がやっていることを直(ひた)向きにやらないで、この短い人生で一体何ができると思ってるんだ!?よく考えてみろ!相手も同じ高校生だ!同じ年、同じ背丈、頭の中だってそう変わらんだろ!それが何で109対0なんて差が付くんだ!お前らゼロか、ゼロの人間なのか!?何をやるのもいい加減にして、一生ゼロのまま終わるのか?それでいいのか?お前らそれでも男か?悔しくないのか!」

ちょっと長いですが、本当に素晴らしいシーンなんですね。

そしてこの後に「悔しいです!」と言うセリフが出てきて先生がガンガン生徒をぶん殴るわけですが…。

くやしいぃです!

今そんな放送を流したらクレームばかり来てしまいますね。

スポ根と言う言葉がまだまだ根強く社会に浸透していた時代ですからね。

今が残念な時代…と言えるような言えないような…。難しいですね…。


さて、話がそれてしまいましたが、続きと行きましょうか!

厄をゼロにする会の続きでございますが、完全に爆走族の人達はポーズ決めちゃってますね。

様になるから恐ろしい…。

20170314 - クマ若頭歳祝い (17)


んで、この日にゴシゴシされちゃうお二人が登壇されますね。

20170314 - クマ若頭歳祝い (7)

この時点で私なら相当ビビってますね。

クマさんも背中の傷がまだ痛々しい感じだったでしょうに…お疲れ様です…。


もはや写真の順番もわかりませんね。

なんか挨拶しているようです。

20170314 - クマ若頭歳祝い (13)

「すでにゴシゴシされて厄はないと思いますが、幸せだけは流さないように注意して下さい。」

って言っているのかどうなのか…。

ここまでみんなに愛される男。

それが当会若頭のクマさんでございます。


そんなクマさんのこちらの一コマ。

20170314 - クマ若頭歳祝い (15)

奥様に手紙を読んでいるんでしょうかね?

何となーくですが、ここで推測の文章を載せてみましょう。


妻へ
いつもありがとう。
そして祭りの期間中に家にいなくてごめんなさい。
常に家族の愛を背中にひしひしと感じています。
今日擦られたらヒシヒシがヒリヒリに変わります。
そうなったらまた痛み止めを背中に塗ってください。
よろしくお願いします。


って感じでしょうかね?

おそらく日頃の感謝の気持ちを伝えたんだと思いますね。

是非とも聞きたかった!

しかーっし!

そんな浮ついた内容になる訳もなく…って事で続きはまた明日!
  1. 2017/03/17(金) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

盛岡八幡宮南會

伝三(でんぞう)

管理人:伝三(でんぞう)
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。