FC2ブログ

俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

短編小説「赤い羽根」 第1話

晴れ晴れとした天気。

空気を吸うのも美味しく感じる。

それは一時のものだった…。

まさかあんな事が起きるとは…。



2019年3月3日 午前11時

キム、チャンババ、オレ達は上堂のドンキホーテに集合。

なぜこんな場所に集合したかって?

今日は俺たちの歳祝い。

いや、これから降りかかる災難を思えば、「祝い」という言葉は決して該当しない。

その歳祝いに向けて数年前からスタイルが変わり、パンイチになっている歳祝いの行事。

故に捨てても良いパンツをそれぞれ1枚300円のものを調達。

「どうせパンイチになるなら笑いを取れるものを・・・」

キムは横浜にいて歳祝いの真実をあまり知らないようだった…。

チャンババは想像は出来ているが自分がどうなるかをイメージしているのかしていないのか…表情からは読み取れない。

おれは数日前から胃が痛い。というか「なんで俺がこんなことをされなきゃならないんだ…」という気持ちが強い。

買い物が終わり、肴町に移動。

12時だったが、昼飯とアルコールで不安感を消そうという努力をしてみた。


15時に盛岡八幡宮に移動。

三人の口数はどんどん少なくなる。

やはり神聖な場所だからか。

否。

不安が膨れ上がるばかりだからだ。

「ご愁傷様です」

神職からは口々に出る言葉がこれだ。

わかっているからこそ出てくる言葉。


参拝をして、本日の戦場であるメトロポリタン本館にタクシーで移動。

20190303 - 歳祝い厄払い (1)_R

仰々しく、名前が書いてある。

しかも、歳祝いの向かいの部屋は選挙で忙しい人達とブッキング。

「おいおい。知り合いには合わないように!」

そう願った…。

「開催してもらってありがたい!」なんて思う人間はこの3人にはいない。

「どうなるんだろう…。俺たちは生きて帰れるのか…。」

そういう思いでハイボールを購入し、控室に移動。

飲んでも飲んでも酔う事はない…。

そして衣装に着替えてスタンバイ。

すでにわれわれに会話はない…。

20190303 - 歳祝い厄払い (2)_R

17時…。

いよいよ悪魔の洗礼を受けるのだ…。

俺は本当の意味で歳祝い…いや、厄払いを理解した。

「まともではない人達に。歳祝いの正しい解釈をしていない人達に抹殺されるのだ…」

と…。


つづく…。
  1. 2019/03/08(金) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<短編小説「赤い羽根」 第2話 | ホーム | 昨日の出来事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://373kai.blog26.fc2.com/tb.php/5209-a964e521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盛岡八幡宮南會

ツヨぽん

管理人:ツヨぽん
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。