俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

お勉強の時間 その1

当会の記念誌作成担当者でございます…


あ、どうも…


ボクです…



記念誌を作成するうえで担当者が最低限持たなければならないもの。

それは歴史の知識です。

そして私はその知識を持ち合わせていません。

よって、とても苦労しております。

なぜかと言うと文脈を考える時に「コレは伝えなければならない」「これは端折っても良い」と言う判断が出来ないからです。

また歴史と一言で言っても、盛岡八幡宮の歴史や南會の歴史、しいては南部藩の歴史など様々。

どこまで遡ったらよいのかと思うほどです。


本日から皆さんに間違いを訂正して頂きながらちょっとだけ書籍を買い、引用してご紹介いたします。

まずもってテーマは「盛岡八幡宮とは?」から入りたいと思います。

20170707 (4)

現在の盛岡八幡宮の姿と言うのは平成9年に日本を代表する宮大工「菊池恭二」さんにより大規模な改修工事が行われました。

ちなみに盛岡八幡宮の敷地内には本社社殿を中心に大きく3つの神社があります。

① 八幡宮
② 笠森稲荷神社
③ 岩手護国神社

また摂末社も多くあります。

料理の神様を祀った高倍神社と庖丁塚や赤い紐を結んで良縁を願う縁結美神社などの個性的な摂末社があります。

20170707 (1)

八幡宮内の摂末社
①「神明社」 ご祭神 天照大神
②「高倍神社」 ご祭神 磐鹿六雁命、四条中納言藤原政朝卿
③「縁結美神社」 ご祭神 大国主命
④「梅宮」 ご祭神 酒解神、酒解子神、大若子神、小若子神
⑤「十二支神社」 ご祭神 生まれ年一大守護神
⑥「健康神社」 ご祭神 五臓の髪、少彦名神
⑦「盛岡天神社」 藤原道真公
⑧「大国・恵比寿神社」 ご祭神 大国主命、恵比寿(事代主命)

明治9年(1876年)に巡幸された明治天皇の銅像や地元の歌人である田村了咲の歌碑、岩手山の石碑など見どころが多いところも特徴的です。

20170707 (5)

では3つの神社では誰を祀っているのか?と言う事をご説明いたします。

盛岡八幡宮でお祀りしているのは「品陀和気命(ほんだわけのみこと)」です。

コチラの神様は、農業・工業・商業・学問・衣食住といった人間の根源の神として崇められています。

次に笠森稲荷神社でお祀りしているのは「宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)」です。

昭和35年(1960年)に建造されました。

腫れ物の神様として知られ、歴代藩主から庶民にまで幅広く信仰されました。

そして岩手護国神社では幕末から太平洋戦争までの戦没者約35,800柱の英霊が祀られております。

元々は現在の茶畑地区に立てられ、明治39年(1906年)に現在の場所に移転されました。

20170707 (2)


…とまぁ「とある書籍」から引用しまくりました。

どうでしょうか?

改めて何気なく神輿を担ぐために通う盛岡八幡宮の見方が少しでも変わったでしょうか?

もしそうであるならばうれしい限りです。

20170707 (3)

担ぎ手として単純に神輿に肩を入れるのも良いと思いますが、「なぜ故に」と言う疑問がいつしか浮かんでくると思います。

「いつ」「だれが」「なんのために」

こんな気持ちになる日も必ずあると思います。

「楽しい」だけでは我慢できなくなる日があると思います。

そんな時、フッと目を通して頂けるブログと記念誌になるように…誰かに引き継ぎたいと思います(笑)


本日はここまで。
  1. 2017/07/07(金) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お勉強の時間 その2 | ホーム | 夏越大祓 茅の輪神輿 第11話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://373kai.blog26.fc2.com/tb.php/4621-91eab19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盛岡八幡宮南會

伝三(でんぞう)

管理人:伝三(でんぞう)
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。