俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

年祝いネタ 第二話

しばれる!(寒い)と知りつつ、薄着で出社してしまった…。どうも、ボクです。

早速ですが、年祝いの続きをご紹介したいと思います。「岩手の奇祭」と言われておりますが、意味もしっかりあるわけです。

厄祓いの儀に必要な小物とその意味
からたち / いばらの道を乗り越えて
大根 / 大地に大きく根をはって
白菜 / 百歳までも
梅干し / 失敗(酸っぱい)しないように
亀の子 / 鶴は千年、亀は万年の故事たわしにならい
豆 / 豆で達者で
枡 / ますます繁盛


用意されているものはわかるのですが、場所や参加者が違えば使い方もマチマチなのは不思議なものです。南會の方々には「あと数年で俺の出番か…」なんて憂鬱になってらっしゃる方は沢山いると思います。これも「岩手あるある」なんでしょうね。

20160403 - 伊山年祝い (2)
しかし、写真を見て頂ければわかるわけですが、南會の厄払いの儀とはいささか勝手が違うようでして小生も大変戸惑いました。和気藹々としたこの雰囲気が私に年祝いの常識を教えてくれた事は大変ありがたい限りでございました。

そして面白かったのは「わさび寿司ルーレット」です。さすがお寿司屋さんの年祝い。4つのお寿司の中にわさびたっぷりのお寿司がありまして、誰が食べたのかを当てるゲームなんですねー。なかなか面白い企画でございます。
こういうところで南會の皆さんが出てくるあたりがさすがだなぁと思うわけです。

第一レース
20160403 - 伊山年祝い (5)

第二レース
20160403 - 伊山年祝い (8)

第三レース
20160403 - 伊山年祝い (11)

ラストのん?ん?
持ってる男【ダンディユキハル】が出馬した混迷の第四レースはまた明日…。
20160403 - 伊山年祝い (14)
  1. 2016/04/05(火) 09:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年祝いネタ 最終話 | ホーム | 年祝いネタ 第一話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://373kai.blog26.fc2.com/tb.php/4135-f8038600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盛岡八幡宮南會

伝三(でんぞう)

管理人:伝三(でんぞう)
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。