俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

「諏訪神社」 お神輿のお下り

宮だしと言わないで「お神輿のお下り」と言うようです
御神輿庫は手水舎の奥に
IMG_6300 (610x640)

あの長い石段を三基の神輿下がる
石段を下りる写真は撮れなかったが、最後の鳥居の通過がこれです
IMG_7235 (640x441)

第二鳥居から第一鳥居は走って駆け降りる
凄い ・ 凄い ・ 凄い
みんな 屈強な体
あの石段を下りるだけで、大変なのに
走って下りるなんて 
神輿は、長崎港近くの「御旅所」へ向かいます
明日も続きがあります。
銀屋町の「鯱太鼓」
天を目指す神仙の鯱が蓬莱の鯱となり、蒼天に至って黄金の鯱となって人々の吉祥を招くという、中国「蓬莱鯱伝説」を据太鼓と山飾りによって表現している
IMG_7152 (640x428)
屋根の上に「黄金の鯱」
輿の中に、太鼓を据置 少年が叩いている
その太鼓に合わせて、輿を高く高く跳ね上げる
一糸乱れず、呼吸を合わせて、何度も何度も
会場が声を併せて「もってこーい ・ もってこーい」大合唱 

興善町 「本踊」
IMG_7121 (640x545)
良い写真が撮れませんでしたが、
本踊「石橋(しゃっきょう)」は能に由来する舞で、石橋の傍に咲き乱れる牡丹の花に獅子と胡蝶が戯れる様子を表している
IMG_7126 (640x301)
残念です、写真の 
諏訪神社を出た、踊町は次の会場の「公会堂前広場」へ向かいました。
  1. 2014/11/19(水) 06:54:11|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お旅所 | ホーム | 長崎 くんち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://373kai.blog26.fc2.com/tb.php/3605-274a3577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盛岡八幡宮南會

伝三(でんぞう)

管理人:伝三(でんぞう)
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。