俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

お掃除してきました

(スーさん)
昨日は神輿祭の前週に当たり、清掃活動を行ってまいりました
お天気も良く奉仕活動にはちょうどいい日和です。
クリーン作戦遂行中!
毎年のことですが、ゴミを探してみますがなかなかゴミがない。
盛岡の町はきれいでした。

それでも見つかるのが多いのはたばこの吸い殻。
ターゲット確保

さて、今度の日曜日はいよいよ神輿祭です。
張り切ってまいりましょう。
  1. 2010/05/31(月) 06:07:30|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

きれい、きれいしましょう

(スーさん)
先日お知らせしてましたが、神輿祭の前週として、クリーン作戦が行われます。
南會の皆さん、遠征でお疲れでしょうが、こちらへも参加くださいませ。

なお半纏を羽織って行いますのでお忘れなく。
午後3時半 中津川河川敷集合!!

そして、今日は大通りで恒例のよさこいが行われています。
我々はそれが終わるのを待ちつつ、次週行われる神輿祭ののぼり旗の取り付けも行います。

みなさまよろしゅう願います。
  1. 2010/05/30(日) 00:16:33|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日の遠征は・・・

(スーさん)
本日は西和賀にて錦秋湖水祭りが開催されますね。
お祭りのクライマックスではこんな花火がたくさん打ち上げられます。
こんな花火がみれるといいですね-
直会でちょっとほろ酔いの中での花火はとてもいいものです。
晴れてくれればいいですね。
ちなみに、南會は乗り合いの方は午後1時半八幡宮集合ですよ-
現地は3時半にほっとゆだ駅前集合です
楽しんできてください
  1. 2010/05/29(土) 01:11:15|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨年のあのとき・・・

(スーさん)
昨日はクリーン作戦の昨年の様子を載せてみました。
そして昨年のこの同じ日に何をしていたかおぼえてますか?

昨年のその日には・・・

そう、前神酒処を自らの手で解体していましたね。
そうですか-、あれからもう1年ですね。
  1. 2010/05/28(金) 06:28:13|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今度の日曜日は・・・

(スーさん)
六月六日の神輿祭の一環として清掃活動が今年も行われます。
神輿祭の前の週の日曜日、つまり今度の日曜日30日です。
15時30分に中津川の河川敷にお集まりください。
なお半纏を着用しますのでお忘れなく。
ちなみに昨年はこんな感じで中津川の周りから盛岡駅方面の道を歩きゴミを拾って歩きました。
クリーン作戦!
みなさまよろしくお願いします。
  1. 2010/05/27(木) 06:30:51|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵出しの1枚

(スーさん)
遅くなりましたが現在かわら版を発送する準備をしております。
会員の皆様にはもうすぐ届くかと思いますのでしばしお待ちください。

ところで、そのかわら版の編集中に昨年の写真をいろいろ物色しておりましたところ、ブログ未掲載の写真がありましたので奥からごそごそっと出してみましょう。

場面は昨年の神輿祭の直会。
一緒に担いでいただいた友好団体を交え楽しく飲んでいたところ、席の一角でなにやら楽しそうに盛り上がっておりました。
単純ですがなかなか盛り上がる、酔った方にはちょっと難しいゲームです。

おっけー

ちなみにこの次の写真ではなぜかmabuさんがイッキしてましたよ
  1. 2010/05/26(水) 06:30:08|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

続・塩竈

昨日のブログで塩釜を訪れたとアップしましたが、その目的はズバリ『お寿司』だったんですね~


塩釜市は知る人ぞ知る寿司の街で、ロケやコンサートで東北を訪れた芸能人が立ち寄ることも珍しくはないそうです


そして、今回は「THE塩釜の寿司」として、その地位を確立してる(らしい…)『すし哲』さんにお邪魔いたしました。




南會の方々とお寿司を食べる機会が年に何度かありますが、基本的にはアルコールwithお寿司なんで、酒の肴としてのポジションなんですよね~


今回はとにかく美味いお寿司を食べる事が目的だったので、アルコールは抜きにして(車で行きましたし)食事としてのお寿司を堪能しました


そのお寿司を画像に残したかったんですが、カウンター越しに職人さんがいると、撮影に気が引けてしまいましたが…間違いなくTHE塩釜の寿司と知られる名店とあり、そのネタの上質さや美味さはピカイチでしたよ~
  1. 2010/05/25(火) 06:53:42|
  2. ニャン太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロム塩竈

南會の連絡網でご存知だと思われますが、6月5日に『奉卑』と称した塩竈神社からお客様をお迎えいたします。


なにやら大八車に海産物やら農作物をてんこ盛りに載っけて、盛岡八幡宮へ奉納するそうです。


その『奉卑』に関連して、GWに塩釜を訪れた際に偶然見かけたので、車を急停車させて撮った画像です


塩竈神社が街のシンボルとして古くから根付いているだけあって、神社のイベント=街のイベントという風潮があるようで、チョイと羨ましす。



  1. 2010/05/24(月) 07:52:27|
  2. ニャン太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南湖のおまけ

(スーさん)
こういう行楽地に限らず、あちこちで見かけるネコ!
やはりここでも居ました。
仲良くお話中でした。
井戸端会議

気配を感じて同時に振り向き!
気配を感じ!

別のネコでした
今日も平和だニャー
晴れた気持ちのいい日曜日、ネコにとってものんびりと過ごせるいい日のようでした。
  1. 2010/05/23(日) 06:39:41|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本最古の公園?

(スーさん)
白河最後の観光地へ。場所は南湖。
南湖です
ここは1801年に当時の藩主松平定信公により築造された日本最古の「公園」といわれているそうです。
この南湖を作った定信公は、身分を越え庶民が憩える「士民共楽」という思想の元、茶室を建て士民と楽しみをともにしたそうです。
そういえばこの日はちょうど大お茶会が行われておりました。
茶屋さんのお団子すりゴマとあんこ
私は湖畔のお茶屋で団子をいただきながら一服。
はれた青空と相まってきれいな湖でした。
  1. 2010/05/22(土) 06:20:09|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はシンプルに

(スーさん)
気泡は久々に大反響でしたね。
早く本物は見たい(食べたい)ですねーー

さて、今日は白河ネタから一つ
白河のお城にはめずらしい桜が咲いております。

さくら?

御衣黄(ぎょいこう)桜というそうです。
淡い緑色の花びらがめずらしい桜でした。
遠くから見ると・・・よくわかりませんでした
  1. 2010/05/21(金) 06:39:04|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに投稿

(優)
スーさんの記事が続いていましたが、ちょっと一息。


=先日の話題から=

八〆さんから一言あり、
「俺のブログ記事の投稿合計数が8件になったから、mabuと優も俺に合わせて更新しろ。
現在の更新件数、mabuは4件→8件へ。優は400件→800件に 8で揃えようぜ~」

と指令が出た。

そんな殺生な。
あと400件入力するとしたら、だいたい2年はかかる。

それよりも八〆さんとmabuが40件まで更新して、4で揃えたほうが早いのではないでしょうか?


と思いつつも、久々に投稿してみました。まずは401件目から・・・




[久しぶりに投稿]の続きを読む
  1. 2010/05/20(木) 05:55:55|
  2. | コメント:6

今日は白河市内にて・・・

(スーさん)
今日は白河観光第2弾です。
場所は白河市内にあります白河小峰城。
JR白河駅のすぐ近くにあります公園内に、というか当時の城郭の一部が公園となっております。
一面に芝生が張られたきれいに整備された公園です。
そしてのその奥のお堀を越えると白壁のお城が見えます。
白河のお城

ここは南北朝時代から結城家の本拠地として城が構えられていたそうです。
その後、秀吉の奥州仕置きで改易されるとその後会津領の一部として上杉家などに治められてきました。

そして関ヶ原の決戦の前哨戦として一時徳川と上杉が一触即発の状態となった際、かの直江兼続はこの城を防衛拠点とし徳川軍を迎え撃つつもりであったと言われているそうです。

今の城郭などは、その後に藩主となった丹羽長重によって現在の姿に改修されました。

三重櫓と前御門

その後、戊辰戦争の際に落城し、その大半が焼失してしまいました。

現在の本丸にそびえる三重櫓と前御門は、残されていた当時の資料によって、木造にて忠実に再現されています。
しかもこれは、すべて市民やその他有志の方々の寄付により作られているとのことで、地元の思いが感じられます。

本丸からの三重櫓と前御門

現在二の丸だった場所は開放された公園となっております。

現在の二の丸

芝生もきれいに整備されており、まさに市民の憩いの場となっていました。
  1. 2010/05/19(水) 06:30:26|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ここが白河神社

(スーさん)
昨日に引き続き今日は白河神社です。
まずは神社の手水舎から。

ここは和歌の世界では名所として知られ、松尾芭蕉などの有名な歌人俳人たちが多くの歌を残しており、境内のあちこちに歌碑が建てられております。

白河神社 手水舎

そして、ここが歴史ある場所であるとして、鎌倉時代に植樹されたとされる樹齢800年と推定される「従二位の杉」があります。
これは「古今和歌集」の撰者の一人、藤原家隆という方が奉納したと言い伝えられているそうです。

従二位の杉

そしてこれは白河神社の社殿。
この社殿はかの伊達政宗が寄進したと伝えられているそうです。

白河神社 社殿

高く茂った木々の中静まりかえった境内を歩き、社務所でいただいたパンフレットを読み、思いの外重要であったこの場所の歴史に思いをはせる夕暮れの白河でした。
  1. 2010/05/18(火) 06:30:42|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これが白河の関

(スーさん)
先日弟を訪ねに福島の白河へ行ってまいりました。
せっかく行ったのでいくつか観光名所を案内してもらいましたのでご紹介します。
ちなみに白河というキーワードで何を連想しますか?
わたしは甲子園の優勝旗を長年東北へ運ぶことを阻んでいる境界線というイメージしかありませんでした。
そしてこれがその白河の関です。
白河の関

ここは奈良、平安時代に蝦夷の南下を防ぐ砦や物資の往来を取り締まる関所の役割を果たしていたそうです。
現地を回ってみると、土塁や空堀の名残があり当時ここが軍事拠点であったことがうかがい知れます。

白河関とは?

ところが!(ここからはパンフレットより拝借です)
当時の律令制度の衰退によりこの関は機能を失っていき、江戸時代の頃には所在が不明になっていました。
1800年、当時の藩主 松平定信公が調査を行いここが白河関であると断定、その証としての碑を建立したそうです。

古関蹟の碑

現在は周りは農地が広がるのどかな場所ですが、当時は重要な拠点であったと言うことを知り久々に歴史に感動でした。
ここは現在神社となっており参道を登れば社殿があります。
それはまた明日。
  1. 2010/05/17(月) 06:30:14|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして直会へ・・・

(スーさん)
長い渡御もこれで最期です。
この日のクライマックス、宮入です。
宮入!
ただし今年はいつもより多く戻されたような気がします。

そして境内のいつもの場所で直会です。
直会!!
直会でのビールはまた格別です。

ここでこの日初参戦の新会員の隠れた能力が明らかに
インターナショナルな場面
ちなみに会話は仏語だそうです。
これで南會には通訳が2人!
いつ国際交流があっても大丈夫?
  1. 2010/05/16(日) 06:32:49|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手出しは無用でござる

(スーさん)

まだまだ、4月29日の遠征より。
この日参加した友好団体が一通り会渡しを終えるとこんどはベテラン限定が始まりました。
ベテランのみなさま
さすがみなさまいいお顔です。

その傍らで手出しできず見守る南會
手出し無用
そんな心配をよそに存分に楽しんでおられたようです。
  1. 2010/05/15(土) 06:41:01|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あーっ

(スーさん)

うまい具合に写っていた一場面
こらえにこらえた末、とうとう押し出されちゃったの図
あーっ 出ちゃった
「あーーっ」

  1. 2010/05/14(金) 06:36:46|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

会渡しを楽しむ人たち

(スーさん)

昨日紹介した会渡しでの場面です。これは逆サイドから。
おなじみの面々が威勢良く担いでいきます。特にはなにいる方が・・・

えいっ!

そしてこの落差、楽しんでますね。
さっー!!

その隣のクマとリュウさん、負けじと担ぎ上げます。
その隣のクマとリュウジさん
このあともいろいろと楽しんだようですがそれはまた明日。
  1. 2010/05/13(木) 06:35:43|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若頭のお仕事

(スーさん)
先月の遠征ネタがまだ途中でしたので、ここいらで再開します。
改めまして、先月29日に行われました日高火防祭にて担がせていただいてきましたが、ここで恒例の会渡しが行われました。
南會の出番となったこの時、新若頭がウマに乗っての初手木打ちとなりました。
よっ若頭!

そして自らも担ぐ!
ここで隣にいた先輩からは何かアドバイスが?
そして担ぐ!

さあ6月の神輿祭が楽しみですね、若頭!

  1. 2010/05/12(水) 06:23:46|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

逸品!

(スーさん)
日曜日の春の宴は盛大に行われたようで良かったですね。
準備等々お疲れ様でした。
私の方のネタはまた後ほど。

さて、先日の七日会で4321さんがすてきなお召しものを着ていらしゃったので
ナイスなスカジャン!

はたして、どこで手に入れたのやら。
業界人と外国人観光客には大うけしそうですね
  1. 2010/05/11(火) 06:37:26|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

お花見2010

昨日は春の恒例行事『お花見』が開催されました(GW明けにも関わらず奇跡的に桜がギリまだ残ってましたし


通常ですとスーさんが写真をパシャパシャ撮ってブログをアップしてくれるんですが、所用でスーさんが参加できなかったんで、そうすりゃニャン太郎の出番なんですよ…にも関わらず事業部の本業でそこまで頭が回らずほとんど写真を撮れませんでした


とはいえ撮った数枚です










お客様から若南連を含めると総勢50名を上回るなかなかの規模のお花見でした


そして『い組』から田沢さんにお越しいただきましたが、『い組』繋がりのスリーショットです



  1. 2010/05/10(月) 07:09:24|
  2. ニャン太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の大槌でウエディング エピローグ

(スーさん)
本日は 花見 春の宴ですね。
残念ながら桜は散ってきてしまいましたが、みなさま存分にお呑みなさい。

さて、披露宴を終えて、南會の面々は一路盛岡へ。
しばしバスを待つ間、春の浪板海岸を眺めてみました。
サーファーがいます

そんな穏やかで気持ちの良い海を眺め、一杯やりながらバスを待ちます。
バス待ちのみなさま

満開の桜、きれいですね-
満開の桜

そんな桜の下でも一杯、
満開の桜の下で
みんながこの穏やかな春の大槌を満喫してきました。
  1. 2010/05/09(日) 06:15:15|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

春の大槌でウエディング4

(スーさん)
昨日は七日会が開催されました。
これから神輿シーズンが始まるに従い様々な催しが行われます
会員の皆様のお力が必要となります。
みんな一緒に頑張りましょうね

とりあえず明日はお花見、みなさまお集まりくださいませ。


さて、盛大に行われました披露宴はとうとうお開きとなりました。
最期は全員で万歳三唱。
お二人の前途を祝福しました。
二人の前途を祝してバンザイ

このあと新郎新婦は退場となるのですが、やはりここは参列者全員によるアーチをくぐっての退場となります。
もちろんこんなアーチもくぐらねばなりません。
私が見た中では史上最小のアーチです。
史上最小のアーチ

そして両家ご両親もそろって参列者のみなさまをお見送りです。
お帰りの皆さんも新郎新婦に一声かけてとなりなかなか先に進みません。
声をかけようと思いましたが、まだまだかかりそうです。
来賓をお見送り
絶好の日和に最高の披露宴でした。
お二人ともお幸せに。
  1. 2010/05/08(土) 06:30:07|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の大槌でウエディング3

(スーさん)
本日五月七日、七日会があります。
皆さん松の間でお会いしましょう。

さて、披露宴も終盤を迎え、最期のお色直しを終えた二人が登場。
恒例のキャンドルサービスが始まりました。
キャンドルサービス
いい顔してますね-

正面にある特大キャンドルに点火、ここでもたくさんのカメラマンの集中砲火を浴びていました。
愛の火を灯しました

いよいよ披露宴もクライマックス、新婦のご両親への感謝のことばを読み上げます。
涙ぐみ言葉に詰まる新婦、それを見守る新郎、感動のシーンです。
両親への感謝!

このあと両家ご両親への花束贈呈を経て、新郎のこの日一番の大仕事とされているごあいさつ。
一つ一つことばをかみしめ参列したすべての人へ感謝を伝えます。
新郎の感謝のことば
この日早々に机の下にあったはずのバケツを没収され、だいぶ飲んでいた様子。
さすがお強いです。

(つづく)
  1. 2010/05/07(金) 06:39:40|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

春の大槌でウエディング2

(スーさん)
披露宴は参列者のみなさまの一芸が次々と披露され和やかに時間が進んでいきます。

そんな中着替えた新郎がスタンバイ
余裕?の新郎

その新郎の元へ、お父さんと新婦が進んでいきます。
父と娘

お父さんから新郎へエスコートのバトンタッチ
バトンタッチ!

周りからの祝福の拍手を受けにこやかに高砂の席へ
二人で歩み

このあと、恒例の共同作業、ケ-キ入刀です!
ケーキ入刀
周りはカメラを持った方々でごった返しておりました。
ポジション争いは先手必勝です。
(つづく)
  1. 2010/05/06(木) 06:25:58|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の大槌でウエディング1

(スーさん)

改めまして、5月2日に行われた千葉君の挙式の模様をお届けします。
oh!オーシャンビュー
会場は波板海岸沿いにある波板観光ホテル、
窓からはきれいな海岸線が望める最高のロケーションです。


 披露宴前の御両家
披露宴を前に来賓をお出迎えの御両家です。

木遣りで入場
そして南會による木遣りにてご入場

披露宴での木遣り
来賓のみなさまにご披露させていただきました。

(つづく)
  1. 2010/05/05(水) 06:20:19|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝結婚!!

(スーさん)


5月2日、晴天のもと桜の咲く大槌にて千葉君の結婚式が執り行われ、その披露宴にて南會で木遣りをあげさせていただきました。
おめでとーございました
しばらくはその模様をアップしたいと思いますのでお楽しみに。
  1. 2010/05/04(火) 06:06:20|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いざ大槌

昨日は千葉クンの結婚披露宴があり、恒例となりました木遣りでの新郎新婦入場のため、有志で大槌町へ行ってきました


披露宴の様子は後日、スーさんがアップしてくれると思いますんで、今日は移動のバス様子をネタにしますね


9時に予定どおり出発すると、まだ朝ではありますが、二人の幸せと会の発展を祈念して(やはり、ただ単に飲みたいだけの理由ですかね)祝杯を挙げてしまいました





ん…とお気づきの方はするどい!画像の右側に見慣れない女性がいますよね実は新婦の友人で披露宴へ参列する方もバスに同乗しまして、長い道中を独りで過ごすには寂しかろうと声をかけたんですね~(これまたナンパではなく、あくまでも紳士としてのマナーですよ


それで、我々が何者で披露宴にはなんの目的で向かっているのか話しているうちに神輿に興味がないか尋ねたところ「実はやってみたかったんです」と話はスラスラと入会の話題に発展してしまいました






転んでもタダでは起きない我々ではありますが、まさかの新入会員ゲットにいろんな意味で実りある1日になりましたよ~
  1. 2010/05/03(月) 07:37:45|
  2. ニャン太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日高火防祭り3

(スーさん)
本日、大槌にて三番組の千葉君が挙式を上げます
南會の有志にて木遣りを上げに大槌に行ってきまーす 

さて遠征の続きですが、お昼を過ぎたあたりから怪しかった雲からとうとう雨が落ちてきました。
雨足が強くなりました

この火防祭りで雨が降るのは本当にめずらしいそうです。
雨を避けて・・・
て、お父さんが言ってましたよ。
  1. 2010/05/02(日) 06:00:29|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

盛岡八幡宮南會

伝三(でんぞう)

管理人:伝三(でんぞう)
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。