俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

盛岡八幡宮南會三十周年記念祝賀会 5

(スーさん)
さて,祝賀会が終わったあと,会場をちょっと片付けていつもの直会のように,テーブルを並べます。
改めて乾杯
緊張の続いた仕事を終え,ようやくひとごこちした感じでしょうか。
藤原実行委員長のねぎらいのお言葉をいただき,そしてカンパーイ。んービールがうまい。

端っこが遠いですねー
ここからは会員だけの30周年祝賀会です。みんな飲み,よく食べ,今日の疲れを吹き飛ばすのです。
心地よくなってきたなと思いましたら,気づけばもう夜です。
さすがにみんな疲れていらっしゃったようで,この日はみんなおとなしく帰って寝たようです,一部を除いて。

これでひとまず南會も区切りがつきました。30年の間南會を支えてきてくれた先人の皆様に感謝。
次の40周年に向け,これからも南會が盛り上がっていきますようにがんばりましょう。
  1. 2007/11/30(金) 01:11:15|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

盛岡八幡宮南會三十周年記念祝賀会 4

(スーさん)
さて,宴もたけなわですが,祝賀会もそろそろ終わりを迎えようとしております。
ここで南會の三役,組頭,部長の役員を紹介となります。役員紹介
普段でも役員がこのように並ぶということもなかなかありませんね。
そして副會頭の三本締めで記念すべき宴を無事終えることができました。

この日祝賀会に参加した会員のみなさま大変お疲れ様でした。
表ではテーブルにつき来賓の方々をおもてなしをし,裏では給仕担当がお酒や料理を出したりと會員一丸となってこの記念祝賀会の成功のため働きました。
そして,準備から含めると約1月ちょっとの間,この日のために各々が自分の仕事をこなしてきました。
本当にお疲れ様でした。
さあこのあとはこの日の成功を祝して打ち上げだー
(つづく)
  1. 2007/11/29(木) 23:26:02|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盛岡八幡宮南會三十周年記念祝賀会 3

(スーさん)
いよいよ乾杯となります
顧問の吉田さまの御発声で「おめでとうございます」
おめでとうございまーす
無事に乾杯まで終えることができました。
ここからはしばらくご歓談いただくこととなりました。
しかしこのまま飲むだけではということで,友好団体のみなさまからお言葉をいただきました。
南會とのゆかりのあるお話が聞けてとてもためになりました。
友好団体のみなさま
ちょっと強引でしたが写真でご紹介させていただきました。
皆様のお話を聞いているうちにもうこんな時間!
ということで盛り上がる宴も締めを迎えるのです。
(つづく)
  1. 2007/11/28(水) 23:58:35|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盛岡八幡宮南會三十周年記念祝賀会 2

(スーさん)
さて,来賓のみなさまがそろいました。祝賀会始まります。
司会は総務部長
開始を伝えるのはこの日司会を務めました優さん

藤原実行委員長あいさつ
まずは実行委員長の藤原様からご挨拶をいただき,実行委員のメンバーを紹介いただきました。

會頭あいさつ
會頭からご挨拶と,南會の歴史を紹介いただきました。

藤原宮司あいさつ
盛岡八幡宮藤原宮司からご挨拶と南會との出会いについてお話いただきました。

よいよいよいやさー
ここでいよいよ宴に移っていきます。ここはやはり鏡開きです。
ステージの上に3つの酒樽が並べられます。
壇上には代表して藤原宮司,川村會頭,南會顧問のみなさま,そして友好団体のみなさまに木槌を持っていただき,「よいよいよいやさー」の掛け声とともにいっせいに木槌を振るいます。
このあとは乾杯へとつづくのです。
  1. 2007/11/27(火) 23:23:31|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

盛岡八幡宮南會三十周年記念祝賀会 1

(スーさん)
みなさまこんばんは。すっかり夜です。
アップが遅れて申し訳ありません。けど今朝はさすがに頭が痛かった~
御猪口で飲むウィスキーと焼酎はさすがに効きました

改めまして,昨日は南會発足30周年記念祝賀会が開催されました。
準備期間1月ということで,例大祭が終わったあと再び慌しく準備を進めてまいりました。
実行委員会も組織され,各々自分の仕事をこなし,この日を迎えることとなりました。
岩手山の雪
この日は連日寒い日が続いたあとのつかの間の晴れで,記念の日にはいい日和となりました。

本殿にて
前日から会場の準備を済ませてきた我々は,八幡宮の本殿にて御祓いを受け,30年を迎えたことの感謝を胸に,これからも精進し南會の発展を祈願しました。
私,本殿に入ったのは初めてですが,いつもの拝殿とも違った雰囲気があり気持ちがきゅっと引き締まりますね。

ただ今準備中!!
さて,あとはお出迎えの時間までの最後の確認に余念がありません。

受付の会計部
こちらは準備OKですね,の会計部,このときはまだ和やかです。

さあ,お出迎えです
さあ準備は整いました。30周年記念事業実行委員長の藤原様を中心に南會三役がお客様をお迎えします。
(つづく)
  1. 2007/11/26(月) 23:40:38|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日は南會30周年記念祝賀会!

(スーさん)
本日は南會30周年記念祝賀会が開催されます。
会員のみなさまは昼前から集まり準備にいそしんでいるところです。
そして午後2時より祝賀会が始まります。
いつもこの時期はお祭りはシーズンオフで,のんびりしている時期なのですが,約1カ月前から実行委員会を中心に準備を進めてまいりました。
30年間南會を支えてこられた皆様に感謝しつつ,40周年に向け南會のますますの発展を願いまして,今日のブログはこれにて。
祝賀会の模様は後日掲載させていただきます。
  1. 2007/11/25(日) 13:41:13|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は 「おふくろ」とデート

一昨日の続き
暑いね 副会頭
この神輿が 上の橋を渡った写真はめずらしいでしょう。
59年9月始めての町会渡御 001

この頃、私も若かった「馬」への乗り降りが数十回、宮入のころは「へとへと」。
記憶は定かではないが、肋骨にひびが入ったのはこの時かな
59年9月始めての町会渡御 002

昨日、南會30周年記念誌で頑張っている Nさんとイオンでバッタリ あのような場所で会うとチョットてれるね

テーマ: - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/11/24(土) 09:38:22|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小休憩ですね

(スーさん)
しばらく會頭による南會の歴史をアップしていただいて,やはり一日当たりの閲覧者が増えております。さすがでございます。
そして今日の出番に私,しばらくぶりなので油断しておりました

さて
毎年,八幡宮で七五三など参拝者が増える10月頃から,南會の會員が交代で駐車場警備をお手伝いしておりました。
そして,先週の日曜日ですが,八幡宮の饗膳所にてその慰労会を催していただきました。
饗膳所にて
日曜だというのに,明日は仕事だというのに,やはりみんな何時ものように飲んでしまうのでした。
個人的に,から揚げ旨かったです
ごちそうさまでした。



  1. 2007/11/23(金) 23:59:55|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

59年初めての町会渡し渡御

御鳳連(お通り)のまわない町内を、本社神輿を担いで回ろうと言うことなった、
推進役の14・5名は気力満々 ほとんどの幹部は「無茶だからやめろ」と言い、「はいつくばっても戻ってくる」事を約束して了解をとった。数日前に紺屋町分団のSさん、八わ多連のAさん、文房具やさん、屋根やのOさんなど10名位で仕事が終わった7時ごろから、酒やさんで「モッキリ」をあおって全コースを確認( 距離は7㌔あった、チョット不安になったがやるしかない。
八幡宮ー松尾町ー茶畑ー鉈屋町ー惣門ー南大通りー肴町ー紺屋町ー上の橋(河川敷で休憩)ー本町ー大手先ー消防署前ー公園下ー川徳前ー開運橋通りー山車パレードの前を運行ー中の橋ー肴町ー八幡町ー八幡宮(8時か9時に到着)
写真は公園下の教育会館の前
20071122074013.jpg

その日は、とても暑く脱水状態になりそうだった。
無事に神輿を納めた満足感でいっぱい、直会はおおいに盛り上がった、
4斗樽に頭を入れて呑んだ記憶がある。
  1. 2007/11/22(木) 08:28:01|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弓張提灯を見て

最初の2・3年は「宮元」の弓張で
scan-26.jpg

この写真は違うが、当初は「さらし」をよって紐状にして「わらびて」に回し それに弓張を掛け、豆電球ではなくローソク。燃えたときを想定し神輿に飛び乗って 弓張を飛ばす(取り除く)訓練を繰り返しやった、楽しかったよ
この頃は、褌もよし、棒の取り合いでもよし、でも
54年・55年で時間を取りすぎたので、先に急ぎます。
は、盛岡の神輿団体が大樽みこしを担いで57年の「さんさ踊りパレード」に参加

20071121084954.jpg

担ぎ棒がくせもの、一本物じゃなく真ん中で継ぎ足ししていて、盆と樽と上に乗っている人間の重さで、左肩の棒の真ん中から折れた、運行を取り止めるわけにもいかず、私と数人が折れた棒の下で「みこし」を支えた。
教訓 何処の世の中にも「表の人と」「裏方さん」がいるんですよ

南會一番組の美女三人 夏の暑いときの「刺し子の長半纏」ごくろうさん
20071121091444.jpg

  1. 2007/11/21(水) 09:28:24|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この人を 忘れちゃいけないよ。

昭和55年9月16日大通り
20071119102330.jpg

マイクを持っている人。(拡大したので、写真がボケてますね)
この人が、南會に「木遣り」を伝授してくれた阿部石材店の阿部さんです 阿部さんと佐々木さんの二人に馬町の番屋の2階でこのメンバー+アルファーでおしえて頂きました。 
20071120085145.jpg

南會の木遣りのルーツは、神田明神の氏子町会の神田淡路町と伝えられています、昨年の神田祭の宮出しに「木遣り」を聞きましたが、違うようでもあり、類似しているとも聞き取れた、 口伝えだとどうしても微妙に変化するものです

20071120093018.jpg

「やっちゃば」の6本棒の神輿
  1. 2007/11/20(火) 10:01:34|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

さびぃー 年寄りには寒さはこたえるねー

今朝の八幡宮
20071119084811.jpg

白木の本社神輿 55年6月藤原正良宮司が矢巾町の宮大工田中館民平氏(報恩寺山門製作の棟梁と聞いている)に依頼製作された。みんなの仕事が終わった夜7時頃に棟梁の自宅作業場に引き取りに行き、その大きさにビックリしながらも、おのずと力入った。
大変だったのは、それから 担ぎ棒の製作 宮司の肝いりで青森県大畑から大型トレーラーで「通し棒」4本「トンボ」用が1本 30尺(10m位)の長さで30×25cmもっと太かったかなー4人で持ってもビクともしない、内緒の話「こりゃ大変だ」そこで、南會の風山棟梁の出番、夜な夜な秘密裏に身長と体重のダイエット作戦開始 現在の担ぎ棒が完成した。

明日は昭和55年9月 本社神輿初披露渡御を写真入で紹介(一枚だけチョットお見せします)
scan-24.jpg

  1. 2007/11/19(月) 10:17:43|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ひと休み

この娘の、背丈がもう少しで私を追い越す
がたつのは早いものだね
scan-19.jpg

皆さん、この娘は誰でしょうか

こっちの男の子は、今度高校受験
お祭りに張り切るのは結構だが、勉強もしろよ
scan-40.jpg

この半纏は、誰のを借りたんだ
  1. 2007/11/18(日) 09:30:00|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

宮大工棟梁 吉田石蔵さん

みなさんは、八幡通りの坂上付近に「温泉横丁」てのがあるのを知っていますか。その昔、遊郭があった頃、料理を出す入浴施設があったので、その様な名前がついているそうです。
ここ路地が「温泉横丁」 魚屋さんの看板が見えるので、場所はどこか判りますね。
20071117074459.jpg

この奥を左に曲がった所に吉田さんの作業所があり、その場所で白木の神輿本体が作られた。

20071117074946.jpg

右奥のアルミ戸の建物が作業場(現在は使用されていないようですね)、向こうに山車資料館が見える
それからが、大変と言うか、楽しい思い出がいっぱいある。資金がなく、仏具やさんへ行って金具や装飾品の買い付けと取付、ペンキぬり、房の製作、担ぎ棒・とんぼの加工、毎夜毎夜仕事が終わると「寺の下」の岡田板金さんに集まり、和気あいあい作業に取り組んだ、当然酒も入り、近所からの差し入れも沢山頂きました、丹精こめて作った神輿だけにずいぶん立派に見えた、ここに初めての南會の神輿が完成した。
南會の皆さん、地域の皆さんと先輩の方々の気持ちが入っていますよ大事にしてくださいね。翌年のお年越しにお披露目をした。


岡田板金さん・「寺の下」・「南大通二丁目」の皆さん有難う御座いました
  1. 2007/11/17(土) 09:23:37|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日曜日の予告

11月18日の日曜日は
可愛い写真が2枚と、大きさにビックリの写真を掲載します。
必ず下さい。
日曜日の閲覧者の数を増やして正月までに5万件突破
突破記念パーティーは何かな
  1. 2007/11/16(金) 18:24:57|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「かっぱ橋」のお稲荷さん

54年の6月当時の南會広報部長だった盛岡博報堂勤務千田さんの紹介で実現した。大型バス1台、車内はいつもの様に酒ビンがごろごろ、みんな二日酔いではなく、酔ったままの状態で、早朝に「矢先稲荷神社」到着。

20071116090049.jpg

神社の斜向かいに知ってい人は知っている、この様な会社があるんですよ。

20071116092303.jpg

ちょっと神輿を離れて三社見学(ここは、三社さんだと記憶していますが間違ったらごめんなさい)

scan-21.jpg

このメンバーで現在南會に在籍してるのは、私だけですね

明日は、初代会神輿の製作
  1. 2007/11/16(金) 10:06:44|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

54年5月始めての東京

みんなが、興奮していた お江戸の神輿が担げる、自然とが入る。
始まりはこうだ、当時の岡田誠三副会頭の奥方の実家、御徒町3丁目の「みどり電気」さん(と記憶している)、その「みどり電気」さんがいろいろ努力されて下谷遠征が成就した。(今から2・3回まえの下谷遠征に参加の際に、幸治くんと一緒にご挨拶にお伺いしましたがお会いできなかった、残念でした)
下谷の大鳥居と第一回目の遠征メンバーの一部
20071115085356.jpg

真ん中でお子さんを抱いているのが「みどり電気」さん

20071115085532.jpg

今も変わらないと思うが、とにかくバスの中はどんちゃん騒ぎ、SA毎にトイレタイム何時になったら東京へ着くのか、朝食はガードしたの開いている店に別れ、私と数人は朝から「ホルモン煮込」なんの肉を食べされたのか
<エピソード>
ほんとは恥ずかしくて書けないが恥を承知で書きます
上野駅から韓国食材の通り、「徒三」の本社コース、我々は本社神輿の後棒を一本あづかった、10メートルも行かないのに南會の棒だけが他の棒より一本分下がった、そのくらい力の差がれきぜんとしていた、
数年後には、負けているどころか追い越した、南會のメンバーは凄い
[54年5月始めての東京]の続きを読む
  1. 2007/11/15(木) 10:09:03|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

予告編変更 初めての例大祭

日詰の志賀理和気神社の照井宮司へ藤原正良宮司に話を通して頂き、神輿を借用 53年例大祭に初参加
20071113184215.jpg

お借りしたときに社殿から鳥居まで約150㍍を10人で担いだ、重かったなー20071113184724.jpg
 宮出し

30.jpg
アーケードが出来る前の肴町
栄鮨の看板が見える
  1. 2007/11/14(水) 20:14:07|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はじめての 正月 

昭和54年1月15日お年越しの初渡御を行った
scan-47.jpg

写真は渡御まえの全体写真、ゆっくり見ると懐かしい人や、えこれは誰、この中に「文房具やさん」が居ますどこでしょう、判った方はコメントを入れてください。
ちなみに、文房具やさんは、ふんどしひとつで担ぎ、その後の新年会(バスセンター3階の初駒)で身体が冷え切ったところに熱燗をグイッと急に流し込んだのがいけなかった、急性アルコール中毒で救急車で病院へ。3階から救急車まで私が担いで降りた、神輿より重かった 
文房具やさん 感謝していますか。
  1. 2007/11/14(水) 09:16:15|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

はじめての ・ ・ ・

昭和53年4月29日盛岡八幡宮南會になる前
榊山稲荷神社例祭に睦会の半纏で参加 半纏も無かったのです、何枚かは急遽 今の「八わ多連」の坂本さんにお願いして浅草から取り寄せた、
皆さんが知っているのは、ボルトやさんと私。
888.jpg

栃内會頭と睦会・南會の面々で榊山さんと何度も折衝の結果ようやく神輿渡御が出来た。
この年の7月に第一回総会が開かれ会員数が130名位いた、
一番組は八幡町
二番組は南大通2丁目
三番組は鉈屋町消防・山岸グループ
四番組は坂下さんグループ
五番組は私のグループ
のちに五番組からの分れで六番組(初代組頭は太田奉祀会の現会長の館沢さん)
合気道、中川グループが七番組(帯は全員黒帯 他団体対応最強チーム)
四番組からの分れでモーターボートグループの八番組が出来て
全体で250名位居たのかな
初代會神輿製作の話は明日
  1. 2007/11/13(火) 09:23:28|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

すべては ここから

南大通2丁目 (中川機械さんの向い)
20071112074407.jpg

マンションが建つ前に、大きな「蔵」が2つあった、一つの蔵の中で毎晩飲み会が行われた、集まってくるメンバーは、屋根やさん、石やさん、酒やさん、建設やさん、広告代理店、文房具やさん、ボルトやさんなど総勢14・5名、大多数が山車推進会に所属しており、いつも祭りの話だけで盛り上がっていた。
神輿の話になり、睦会の存在も知ってたが自分たちも、河南地区でも”やろーよ”となったのが始まり。南會の”みなみ”の名称はここから始まった(河南・南大通り)
その蔵は、わたしの新婚生活の始まりの場所で、よく奥さんもついて来てくれたなーと、何時も感謝している
明日は、南會デビュー 初めての神輿
  1. 2007/11/12(月) 08:28:04|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安全第一

20071111153918
私事ですが、またこの日が来てしまいました
そして今年は無事に帰ることが出来ました
これで30周年も忘年会も参加できます
神様ありがとう
ところで海はどうだったのでしょう?
  1. 2007/11/11(日) 15:37:40|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

30年前からの「ふるーいお話」

30年を振り返って
11月12日から続く限り掲載します
乞う ご期待
  1. 2007/11/10(土) 10:05:14|
  2. 會頭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

どこまで値上がるのでしょう

(スーさん)
値上げが止まりません
今日はまったく関係ない話ですが,ガソリン高いですよねー
ほぼ週1回の私はスタンドに行くたびにフー となってしまいます。
もちろん現金會員カードはVIPですけどね。

  1. 2007/11/09(金) 06:10:46|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

昨日の七日会

(スーさん)
10,20周年記念誌
昨日の七日会では南會の30周年記念祝賀会について確認作業が行われました。
そして,過去2回,記念行事の一環として発行された記念誌を広報部長を中心に今回も作ることとなり,各関係者のみなさまから寄稿いただきました。そして,この日記念誌の初校が上がり,この日参加したみんなで一足先に見させていただきました。
この日見ていない皆さんは祝賀会に渡されるまでお待ちくださいませ。
  1. 2007/11/08(木) 06:30:37|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の予定は?

(スーさん)
今回のかわら版は
↑は今回のかわら版「例大祭特集号」です。會員のみなさまにはもう届いてますでしょうか。
参加者からのコメントが盛りだくさんで読み応えのある紙面となっております。
そして恒例の御神酒処日記は優さんによる,まるで神酒処での生活が思い出される日記です。
最後にはさりげなく来年の書き手のご指名があったりして。がんばれ,ソラパパ!

さて,今日は7日ですね,といえば七日会です。
おそらく30周年記念関係のお話になるかと思います。
ご都合のつく方はお集まりくださいませ。
  1. 2007/11/07(水) 06:30:38|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エピローグ(例大祭その後 後編)

(スーさん)
番外編の続きです。
テーブルのあちこちで盛り上がっております。
あちらこちらで
事業部のお二人はなにやら作戦会議でしょうか
手前ではクマとMrオオムラが飲んでいます。ちなみにこの日Mrオオムラはずっとソフトドリンクでした。かなり懲りたようです。
そして,なにやら二番組の方々が正座してます。これは・・・
4321さん自ら一人ずつ・・・
4321さんが會員一人づつにお酒をついでまわっていました。毎年15日の直会のときに参加した南會會員全員にお酒をついでねぎらいの言葉を掛けてくれるのです。
つらい一日の終わりにこの言葉はぐっと来ます。今年もお疲れ様でした
そして順番に回ると
ソフトドリンク プリーズ
 OhーMrオオムラ! What is drunk?

 Tea is drunk

 He drinks and does sake!

Mrオオムラ,来年は来てくれるのでしょうか・・・
最後はみんなで
ということで,最後に恒例の集合写真で締め。
今度こそ例大祭特集「 完 」でした。また来年をお楽しみに。
  1. 2007/11/06(火) 06:33:03|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

エピローグ(例大祭その後 前編)

(スーさん)
先日長く続きました例大祭特集を終えたつもりでしたが,直会の写真が残っていまので,急遽番外編としてお送りします。

長い一日が終わり,直会会場ではその労をねぎらうべく宴が始まろうとしております。
直会の前に
伊藤禰宜さま,會頭からお言葉をいただき,乾杯!
乾杯!


あとは飲んだり食べたりしながら今日のことを話し,そして来年のことを語る人もいたりととにかく話がつきません。
20071105004938.jpg

20071105004951.jpg

20071105005001.jpg

20071105005016.jpg

こうして時間が過ぎるのを忘れみんな飲むのでした。
(後編に続く)
  1. 2007/11/05(月) 01:01:43|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾燥の季節です

(スーさん)
今日はだいぶぎりぎりの更新でした。まだ体が本調子ではありません。
今日はこんなものの写真でご勘弁を
こんなときの必需品
どこぞのホームセンターで購入しました卓上加湿器。
給水は500mlのペットボトルにて行うお手軽なものです。
約2時間ほどで給水をしなければならないのがネックですが。
これからの季節お試しあれ。
ということで今日はこれにて。
  1. 2007/11/04(日) 23:25:31|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日でしたね

(スーさん)
うーん咳き込んで目が覚めるなんて,非常にいやな目覚め方です。
そういえば4321さんののどは治ったのでしょうか?

ところで,今日はリュウジさんから記事が送られてきましたのでご報告します。


(リュウジ)
今日は、七五三警備をスズケン、ソラママ、それからラビットニャンとしてきました。なかなかの忙しさでした。
(優さんには、最初にたくさんご指導頂きありがとうございました。)
それから、私事ではございますが、小真さんと職場の先輩と三人で桜山さん神社境内で開催した美味しい酒を飲もう会2007に初参加しました。(ヒロタカさん勤務の芳本酒店さん主催)その風景を送ります。
お酒はやはり・・・JAPANでしたね


七五三警備ご苦労様でした。
しかしよくそんな会があることを知りましたね。
お二人ともほんとにお好きですね。
  1. 2007/11/03(土) 22:46:21|
  2. スーさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

盛岡八幡宮南會

伝三(でんぞう)

管理人:伝三(でんぞう)
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。