俺たち神輿系~盛岡八幡宮南會~

お神輿、お祭り好きが伝統を継承しています。

盛岡八幡宮南會 例大祭打上げ2017 第2話

さぁここからはたくさん写真をイジッていきましょうね!

イジらなさ過ぎてストレスが溜まっていたところでしたからちょうどいいですね!

それでは写真を見ていきましょう!


まずはこの日のみならず、いつも大活躍の女性陣!

20170924 - 40周年記念式典 (189)_R

女性陣の皆様のおかげで気兼ねなくお酒を飲ませて頂いております。

いつもありがとうございます。


そして…例大祭から記念式典まで頑張ってお手伝いしていた子供達!

20170924 - 40周年記念式典 (192)_R

特にもヒメは中学校2年生になって身体も大きくなりましたので担いでお手伝いして…大車輪の活躍。

この子達の今後に期待しましょう!


さ、ここからは重鎮の皆様をご紹介。

20170924 - 40周年記念式典 (193)_R

すいません。私の名前も存じ上げないかと思いますが、私も存じ上げない重鎮の方々でございます。

顧問様、世話人様ですね。

イジりづらいので次。


そしてこちらの皆様!

20170924 - 40周年記念式典 (196)_R

4321さんは後頭部だけの出演となります。

あとでお尻ペンペンしてあげましょうね。

こちらも顧問様、世話人様、相談役様の面々ですね。


本日ラストはこの日一番目立った人をご紹介しましょう。

コチラの方!

20170924 - 40周年記念式典 (188)_R

とにかく動く!そして人懐っこい!何よりめんこい!

マコッちゃんのお子さんですね~。

坂本宮司が乾杯挨拶しているのに登壇して目立っていましたねぇ~。

そんな彼もいつか立派な担ぎ手として南會にいてくれる事を父親は思っているんでしょうね。

いや、思っていますね。


40周年記念式典があったからでしょうか。

じゃんけんがつよいしゅんすけ君のように南會の屋台骨になってくれる日はそう遠くないように思いますね。

では本日はこれにてドロン。
  1. 2017/10/17(火) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盛岡八幡宮南會 例大祭打上げ2017 第1話

さて、本日からは40周年記念式典のその後のお話。

つまり、身内で祝う40周年記念式典と例大祭の打ち上げを兼ねたパーティの様子をご覧いただきましょう。


2階で式典が行われ1階ではパーティの準備が進められておりました。

事業部及び女性陣の皆様、本当にお疲れ様でございました。

まずはギラ會頭からのご挨拶。

20170924 - 40周年記念式典 (162)_R

會頭からは40周年記念式典実行委員会のメンバーに慰労のお言葉をかけてもらいました。

20170924 - 40周年記念式典 (164)_R

立っているメンバーがそうですね。

20170924 - 40周年記念式典 (166)_R

思えば1年かけて来ました。

まとまるかもわからない状態で進みましたが、それぞれの役割を与えられた人達がしっかりと業務をこなしたおかげで式典が無事に終わったと言う温かい言葉を會頭から頂きました。


そして祝辞として盛岡八幡宮 藤原宮司より頂戴いたしました。

20170924 - 40周年記念式典 (169)_R

藤原宮司のブラックジョークに引きつりながら笑う若頭衆。

20170924 - 40周年記念式典 (170)_R

さすが藤原宮司です。


そしてそして乾杯のご発声は桜山神社 坂本宮司より頂戴いたしました。

20170924 - 40周年記念式典 (173)_R

この辺りは和やかに笑う若頭衆

20170924 - 40周年記念式典 (180)_R

そしてカンパーイッ!

20170924 - 40周年記念式典 (182)_R

つづく…。
  1. 2017/10/16(月) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かわら版Back Number 平成6年7月 第13号

7月のかわら版なので例大祭に向けた体制のご案内や木遣りのテープなどが書かれておりますね。

13 - 平成6年7月号 (1)_R

今も昔も変わらぬかわら版。

作り手の魂が込められておりますね。

「どうやって祭りを盛り上げようか」と言う広報部の工夫が見て取れます。


裏面に参りましょう。

13 - 平成6年7月号 (2)_R

衆議院議員の高橋ひな子さんではなく、同姓同名の方であると言うのは以前、伺いました。

大盛岡神輿祭りや茅の輪神輿についての感想が述べられておりますね。

今やこういった感想を書いてくれる人も少なくなってきました。

LINEやメールは書けるけど、かしこまった文章は書けない。

そういう人が増えると言うのも1つの時代なのかもしれませんね。


携帯電話の進歩と普及によって活字離れがより一層深刻な問題になってますからね。

恐らく本を読む人も少なくなっている事でしょう…。


文章力のある猛者を南會は求めています。

もとい、ブロガーを求めています…。

ボクが…。

切に…。
  1. 2017/10/15(日) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月のマッツン便り

おっとぅ。

おっかぁ。

元気にしてっかべさ?

オレオレ。

マッツンだべさ。

今日は南會のブログをジャックして俺の活躍っぷりを紹介すっから見てくれべさ。

20191011 (1)

オレ、新聞に載ったんだべさ。

勝ち越しゴールだべさ。

太ったけどまだまだ現役だべさ。

20191011 (2)

岩手に来て数年たつけど…昔はよく両親の背中におんぶしてもらってたなぁ。

なんて事を思ったりしてますべさ。

そんでよくおしっこ漏らして両親の背中をびしゃびしゃにしてたなぁべさ。

20191011 (3)

そんな俺も今や岩手のアイスホッケー協会の偉い人になったべさ。

20191011 (4)

それもこれも4321さんって言う人のお陰だべさ。

チームの監督さんでガヤがすげんだぁ。

神輿でもガヤが凄いけど…とにかくすげんだぁ。

太ったのもある意味、4321さんのお陰だぁ。

20191011 (5)

まんず、おっとぅもおっかぁも元気でやってけろ。



って言っているかどうかわかりませんが、多分こんな感じじゃないかって言う雰囲気を出してみました。

べさの使い方が間違っていますが、それではまた明日!
  1. 2017/10/14(土) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かわら版Back Number 平成6年9月 第14号

9月の例大祭についての記載があります。

そして注目して頂きたい点は「運行経路」です。

今から21年前のお話です。

14 - 平成6年9月号 (1)

運行経路…まぁ長いですねぇ。

川徳経由ですし、岩手公園(現盛岡城後公園)も通っておりました。


運行部よりのところの記載も結構気になるところです。

「〇〇の場合の神輿の担ぎ方」と言う記載などは相当、運行に気を使っていた事が伺えます。

また指導部は現在の育成部に近い動きだったこともわかります。


裏面を見てみましょう。

14 - 平成6年9月号 (2)

3人の若頭へのインタビューが載っていますね。

これもまた記念誌に載せれるほどの価値があるインタビューですね。

そして最後の一文。


見慣れた名前の方が良い事を話していますねぇ~。

昔から話の腰を折るのが上手だったようで…。

あ、また余計な事を話してしまいました(笑)

って事でこれにてドロンッ!
  1. 2017/10/13(金) 08:00:00|
  2. カヌっちょ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

盛岡八幡宮南會

伝三(でんぞう)

管理人:伝三(でんぞう)
〒020-0872
盛岡市八幡町13番1号
盛岡八幡宮内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

書き手別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

お問合せはこちらから

あなたのお名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

会員募集!

盛岡八幡宮南會では、会員を募集しております。 お神輿を担いでみたい方、お祭に参加したい方など、私たちと楽しい時間を過ごしませんか。 我こそはと思う方はメールフォームよりお問合せ下さい。